スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告

【斜論】シンフォニーホール売却の波紋 存続への策追い求めて

 3月末、朝日放送が所有する音楽ホール「ザ・シンフォニーホール」(大阪市北区)が、専門学校を経営する「滋慶学園グループ」の関連会社「滋慶」(同市中央区)に約6億円で売却されることが発表された。日本初のクラシック専用ホールとして30年の歴史を誇る音楽の殿堂の“身売り”は、関西の音楽関係者にショックを与えた。ホールの名称は残り、クラシックを中心に公演を続けるというが、音楽業界を取り巻く経済状況は依然厳しく、運営を引き継ぐ滋慶にとって課題は多い。(安田奈緒美)

 同ホールは昭和57年に開業。「残響2秒」を実現し、カラヤンら世界の指揮者からも絶賛されてきた。

 滋慶によると、銀行から同ホールの売却話があったのは今年1月。

 「学校施設にどうですか?」。銀行からこう切り出されたというが、翌月、同ホールを見学した東京フィルハーモニー交響楽団理事でもある浮舟邦彦・滋慶学園総長は「これは日本の文化遺産。ホールとして守らねばならない」という思いを強め、朝日放送と売買契約を進めた。来年末まで朝日放送が運営し、平成26年1月から滋慶が引き継ぐ予定だ。

 先月、運営会社「ザ・シンフォニーホール」を設立し、今秋にも財団法人を立ち上げて事業の拡大を図る計画という。運営にあたる「大阪スクールオブミュージック専門学校」の喜多弘悦・副校長は「若い世代にも利用しやすくしたい。ホールの名前を冠した音楽賞も創設できれば」と話す。

                  ■  ■ 

 滋慶は音楽ホールとしての存続を決めたが、課題は山積している。

 同ホールの年間公演回数はバブル期に300公演を超えたが、徐々に減り、昨年は246公演にまで減少。公演の収入減に加え、管理運営費だけでも年間数億円かかり、年間1億円以上の赤字が出ていたとみられている。また、老朽化したホールの改修費として今後、10億〜15億円が必要とされる。

 同ホールの身売りを決めた朝日放送の脇阪聰史社長は、3月末に発行した社報の号外で「ホールの未来と、朝日放送の未来について悩み続けた社長は、私が初めてではないのです」と苦渋の判断だったことを社員に示し、取材で沖中進取締役は「企業として一定の役割を果たしたのでは」と胸中を明かした。

                  ■  ■

 大阪市では橋下徹市長が、大阪フィルハーモニー交響楽団や大阪市音楽団への補助金や運営費などのカットを次々と表明。在阪オーケストラを取り巻く環境がますます厳しくなる中、音楽関係者の間では「オケの経営が苦しくなると、ザ・シンフォニーホールが、まず影響を受けるのでは」という声が上がっており、滋慶にとっても前途は多難だ。

 平成14年、室内楽専用の「カザルスホール」(東京都千代田区)が主婦の友社から日本大学に売却され、話題を集めた。当初はホールとして使用されていたが、その後、キャンパス再開発計画に伴って閉館されている。

 音楽評論家の東条碩夫さんは「東京に先んじて建てられた日本を代表する音楽ホールを“関西のカザルス”には絶対してほしくない。ホールを維持するためのネットワーク、ノウハウを築き、長く存続する方法を見いだしてほしい」と期待を込めた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120510-00000124-san-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します。






そろそろパソコンスキル、手に入れません?

    ↓↓



◎ホームページを自作して公開、簡単なプログラミングでアプリ作成、
やりたいことをWebで実現するのに最低限の技能と知識はコレでOK。



 【動画教材】

  |

  ◆→ 動画教材を確認する









スポンサーサイト
Date: 2012.05.10 Category: 企業トレンド Comments (1) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

-

Date2012.05.11 (金) 02:24:49

「呼び捨てされ激怒」の橋下市長に反論 小林よしのり氏「常軌を逸してないか?」
http://www.j-cast.com/2012/05/01130942.html

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

たにぐちゴー

Author:たにぐちゴー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
旅行しよう!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。